楽しい旅はホテルからはじまる

タイプ

ホテルの部屋

シングルルームというのは、1つの部屋に1つのベッドということです。1人で宿泊する際に利用されます。また、1つの部屋にダブルベッドがあり1人で利用する場合やダブルベッドを1人で使用する場合はシングルユースと呼びます。シングルユースの場合には1人であっても、2人分の料金です。
ビジネスホテルの場合はシングルルームが基本となっています。

海外のホテルの場合には、部屋単位で料金が決まる場合やシングルルームというと非常に狭い部屋という場合があります。
日本のホテルの認識と違うことが多々あるので気をつけるようにしましょう。

1つの部屋に2つのベッドがあり、2人で利用することをツインといいます。
ツインというのは2人で宿泊するという事となりますのでベッドが2つあるとは限りません。ダブルベッドやシングルベッドを2つ並べたものもあります。
宿泊する際にはどのようなベッドなのか確認しておくことが無難です。

1つの部屋に3人が宿泊することを指します。ただ、部屋の中にベッドが3つあるわけではなく、キングサイズ1つ、もしくはクイーンサイズ2つといった配置が一般的です。
ベッドを3つ利用したいということであれば、事前に伝えておく必要があります。その際、追加料金が必要となります。

1つの部屋に4人で宿泊することを指します。ファミリータイプは大人4人で宿泊をするということではなく添い寝可能な子供が含まれている計算です。
ホテルの部屋が元々広く作られているところであれば、大人4人でも窮屈に感じることはないでしょう。

それぞれのホテルでは1部屋に宿泊できる人数が決まっています。4人以上で宿泊する場合には、部屋を分ける必要があります。